当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります。

スタバにホットチョコレートはないけどカスタムすればOK!頼み方解説!

寒い日は、甘くてあったか~いホットチョコレートを飲みたくなりますよね。

スタバにもホットチョコレートはあるのかな?

スタバは立ち寄りやすい場所に店舗があるので、飲みたいメニューがあると重宝します。

残念ながら、スタバのレギュラーメニューにホットチョコレートはないのです。

ですが、レギュラーメニューにないからといって、がっかりするのは早いですよ。

ホットチョコレートはないですが、ココアをカスタムしてチョコレート感を増せば、温かいチョコドリンクができあがります!

この記事では、スタバでホットチョコレートを飲みたい時のカスタム方法や、実際に飲んだ感想をお伝えします。

甘~いホットチョコレートを飲んで、ホッコリ癒しの時間を過ごしましょう。

ミルクと混ぜておうちで楽しむホットチョコレートはこちら。

目次

スタバにホットチョコレートはない!店舗限定メニュー!

私は最近ホットチョコレートにハマり、飲めるお店を開拓中です。

ココアはあっても、ホットチョコレートはないお店が多いんだよね。

スタバにホットチョコレートがあれば嬉しかったのですが、残念ながら店舗限定メニューで、通常店舗にはないことが分かりました。

ホットチョコレートがメニューにあるスタバは、中目黒のスターバックスリザーブ®ロースタリー東京のみです。

私は関西に住んでいるので、中目黒のスタバには行けません…。

ないならカスタムで作っちゃおう!

スタバでホットチョコレートを飲みたい時はカスタム!

スタバではドリンクのシロップやソースなどを追加、変更して自分好みにカスタムできます。

スタバのレギュラーメニューであるホットココアを、ホットチョコレートにカスタムする方法をご紹介します。

しかもカスタム料金は無料なので、ぜひ試してみてね。

カスタムのホットチョコレート頼み方

スタバでホットチョコレートを飲みたい時のカスタムオーダーはこちらです。

  • ホットのココアを注文
  • モカシロップを増量(無料)
  • ホイップクリーム増量(無料)
  • チョコレートソース追加(無料)

チョコレートソースは多めで追加しても無料。

そもそも、ベースとなるスタバのホットココアは下記の構成です。

  • モカシロップ(チョコレート味のシロップ)
  • スチームミルク(温めたミルク)
  • ホイップクリーム

ホイップクリームを増量し、チョコレートの味も強めにカスタムすることで、ココアがホットチョコレートのようになります。

実際に注文してみました。

店内で頂いたのでマグカップでの提供でした。

たっぷりのホイップクリームが嬉しいです♪

ホイップクリームが溶けるとよりまろやかに。

ココアというよりはチョコレートドリンクという甘さ!

甘々な味に癒されましたし、Tallサイズで量もたっぷりだったので、体も温まりました。

ネット上の声を調べると「ココア→ホットチョコレート」のカスタムが他にもいろいろ出てきます。

チョコチップを追加(+税込55円)

チョコ感がさらにUP!

チョコチップは溶けないので、ホイップクリームの上に散らすイメージです。

ミルクをブレべミルクに変更(+税込55円)

ブレべミルクはミルクに生クリームを混ぜ合わせたもの。

より濃厚な味わいを求める方におすすめ。

ココアパウダー追加(無料)

ホイップクリームにココアパウダーを振りかけるカスタム。

ココアパウダーは、以前ならコンディメントバーにてセルフで追加できましたが、現在は店員さんへのオーダー時にお伝えします。

店舗によっては、ドリンクお渡し口にココアパウダーはじめパウダー類が置かれていて、好きにかけることもできます。

ブレべミルクへの変更は私も試してみたいカスタムのひとつですが、カロリーが怖くて注文できずにいます(笑)。

ココアとホットチョコレートの違いは油分の量

スタバでココアをホットチョコレートにカスタムする方法をお伝えしましたが、気になることがひとつ。

ココアとホットチョコレートって何が違うの?

ココアもチョコレートも原材料がカカオ豆という点は同じですが、カカオバター(油分)の量が異なります。

皮を除いたカカオ豆を砕いて焙煎し、「カカオマス」にするところまでは、差がありません。

その後、カカオマスを加工する段階で、ココアとチョコレートの違いが生まれます。

ココア

カカオマスからカカオバター(油分)を取り除いた粉末でつくられる。

チョコレート

カカオマスにカカオバター(油分)を加えてつくったものがチョコレート。

チョコレートを温かいミルクで溶かしたものが、ホットチョコレートですね。

油分が含まれている分、ココアよりもホットチョコレートの方が、コク深く口当たりもまろやかで、甘みを強く感じる場合が多いです。

とはいえ、ホットチョコレートでも甘さ控えめのものもあれば、ココアでも砂糖やミルク、ホイップクリームが足されて甘さが強いものもあります。

ホットチョコレートの名称でココアが提供されていることも!

厳密に区別されていない場合もありますので、いろんな店舗で飲み比べて、お口に合うものを見つけましょう。

スタバはランチ利用もおすすめ♪

スタバ以外でホットチョコレートを飲める店舗2選!

ホットチョコレートの美味しさに癒された私は、スタバ以外でも飲める店舗がないか探してみました。

スタバ以外のチェーンカフェで、ホットチョコレートを飲める店舗を2つご紹介します。

ホットチョコレートを提供しているカフェ2選

上記のカフェでは期間限定でなく、レギュラーメニューにホットチョコレートがあるので飲みたい時に飲めますよ。

シアトルズベストコーヒー

シアトルズベストコーヒーは、スタバと同じくシアトル系コーヒーのカフェです。

ホットチョコレートには、ホイップクリームとチョコソースがたっぷり。

引用 シアトルズベストコーヒー

フードでは、軽めのランチにぴったりのホットサンドも美味しいですが、ケーキもおすすめです。

疲れた日に、ホットチョコレートとケーキの組み合わせは最高ですよ!

メニューや店舗検索はこちらから

アンティコカフェアルアビス

アンティコカフェアルアビスは、東京や大阪を中心に展開している、イタリアのバールをコンセプトにしたカフェです。

ミルクレープで有名なハーブスと同じ運営会社だよ。

アンティコカフェのホットチョコレート(ミルク)を実際に飲んでみました。

引用 アンティコカフェアルアビス

甘ったるくなく、大人が楽しめるホットチョコレートでしたよ。

シロップたっぷり、ジェラート添えのフレンチトーストと一緒に頂きました。

甘過ぎないホットチョコレートと甘いフレンチトーストの相性はばっちり。

メニューや店舗検索はこちらから


その他にも期間限定ですが、タリーズやロッテリアなどでホットチョコレートが登場することもあります。

バレンタインシーズンはチョコ系メニューが発売になる可能性高し!

「甘さ控えめ」「ミルク感強め」など、店舗によって味も変わりますので、あなたのお気に入りのホットチョコレートを見つけてくださいね。

まとめ

  • スタバのレギュラーメニューにホットチョコレートはない。
  • スタバのホットココアに「モカシロップとホイップ増量」「チョコレートソース追加」のカスタムでホットチョコレートを楽しめる。
  • ココアとチョコレートの違いはカカオバター(油分)の量。
  • 一般的には、油分が含まれているホットチョコレートの方が、ココアよりも口当たりがまろやか。
  • スタバ以外のカフェでは「シアトルズベストコーヒー」「アンティコカフェ」にホットチョコレートがある。

無性にホットチョコレートが飲みたくなったものの、スタバにはないと分かった時は少し残念でした。
しかし、さすがスタバ。

カスタムが充実しているスタバでは、ココアをアレンジすることで、ホットチョコレートを楽しむことができます。

寒さで身も心もやられそうになった時は、ホットチョコレートの温かさと甘さで自分を癒してあげましょう。

おうちで楽しむホットチョコレート。ほろ苦い大人の味わい♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次