当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります。

瞑想の効果一覧がすごい!健康な体と心で今日よりも前向きな明日に♪

瞑想ってホントに効果があるのかな?

瞑想の効果は、さまざまな研究で科学的に証明されています。

従業員の心の健康を保つため、Googleが瞑想を取り入れていることも有名ですよね。

瞑想を行い脳を休めることで、体や心にプラスの効果あり!

私も「瞑想って何となく良さそう」ぐらいで、具体的な効果まで知らなかったので調べてみました。

瞑想が体や心に及ぼす効果を一覧にして、それぞれ解説しますね。

この記事でお伝えすること
  • 瞑想のすごい効果一覧
  • 瞑想はいつから効果が出始めるか
  • 瞑想の効果を高めるポイント

どんな効果があるのか理解してから瞑想を始めると、取り組みが楽しみになりそうですよね。

瞑想の効果一覧を参考に、体も心も健康な状態を目指しましょう!

目次

瞑想の効果一覧がすごい!体にも心にも良い影響あり!

何となく良さそうな印象だから、瞑想を始めてみようかな。

瞑想は一人でできますし、道具を揃える必要も無いので、気軽に始められます。

スティーブ・ジョブズも瞑想を習慣にしてたんだよ。

そう聞くとさらにすごい効果を得られそうな気がしますが、実際のところ瞑想にはどんな効果があるのでしょう。

こんなに効果があるなんてすごい…!

体や心にこれだけプラスの効果があるなら、日々の充実感も増しそうですね。

一覧に挙げた瞑想の効果について、解説します。

【効果①】リラックスできる

瞑想を実践している人の多くが、リラックス効果を実感しています。

私たちの脳は、日々いろんなことを考えるために働いていますよね。

瞑想は脳の休憩ですので、体だけでなく、脳までリラックスできます。

リラックス感が高まると幸福感もアップ!

マッサージや温泉でもリラックスはできますが、瞑想はお金をかけず、手軽にリラックスできるので嬉しいですね。

【効果②】ストレスが和らぐ

瞑想中に脳から出るαアルファ波は、自律神経を整えてストレスを和らげてくれます。

ストレスの原因をなくし、ストレスを受けないようにする、ということは現実的に難しいです。

ストレスを受けたとしても、溜めないように対処することが、心の健康にとって大切なポイント!

ストレスが溜まると、不安やイライラだけでなく体の調子まで悪くなるしね。

瞑想を習慣にして、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

【効果③】集中力が上がる

GoogleやYahoo!といった大企業で瞑想を導入している理由のひとつが、集中力の向上です。

瞑想では、雑音が気になったり雑念が浮かんだりすると、呼吸や脈に意識を戻します。

慣れてくると、瞑想をしていない時に気が散ることが起こっても、集中すべきことに意識を戻せるようになるのです。

集中力が上がれば仕事の生産性も上がるよ!

私もたまに「あれもこれもやらなきゃ(汗)」と、結局何も進まないことがあるので、目の前のことに集中できるようになりたいです。

【効果④】直感力が働きやすくなる

瞑想を行うと直感力がアップし、良いアイデアが閃いたり、素早い判断ができたりします。

今まで見過ごしていたことに、ふと気付けることもあるんだって!

仕事でも考え過ぎると、煮詰まって何も思い浮かばないなんて時はありませんか?

瞑想の効果で脳が整理されると、直感力が働いて思わぬアイデアが浮かぶ可能性がありますよ。

【効果⑤】睡眠の質が向上する

「疲れているのになかなか寝付けない」「眠りが浅くてすぐ目覚めてしまう」など、睡眠の質に悩む人は本当に多いですよね。

私も疲れてる時は、明け方に仕事の夢ばかり見て寝た気がしない…(泣)

瞑想中には、睡眠ホルモンの生成量が上がるため、睡眠の質が向上し深く眠れると言われています。

ぐっすりと熟睡できた翌朝は、お肌や体の調子も良いし、やる気もみなぎりますよね♪

【効果⑥】疲れにくい体になる

瞑想は脳だけでなく体も休息させるため、継続することで体に疲労が溜まりにくくなります。

疲れは溜め込まず、都度リフレッシュが大事!

リラックスやストレス軽減といった精神的な効果も嬉しいですが、日々頑張って疲れている体への効果もありがたいです。

【効果⑦】免疫力が上がる

忙しくて疲れていると、リンパ球の働きが弱まって免疫力が下がります。

確かに疲れた時は風邪をひきやすいかも…。

瞑想で自律神経が整うと、血流が良くなり、さらに体温が上がるので免疫力も高まります。

私も免疫力を気にかけて体を冷やさないようにしていますが、瞑想でも効果があるならぜひ取り入れたいです。

【効果⑧】美容効果がある

瞑想には美容効果まであるの!?すごいね!

ストレスが溜まると肌が荒れたり、睡眠不足だとくすみが気になったりしませんか?

瞑想でストレスが和らぎ、ぐっすり眠れるようになると、老廃物が排出されやすくなり美肌に近付くと言われています。

瞑想では腹式呼吸を行うため、ダイエット効果もあり。

高価なスキンケアも試してみたいですが、瞑想で綺麗になれるなら、やらない手はないですね!

【効果⑨】メンタルが安定する

瞑想を行うと自分の状況、そして感情まで客観視できるようになるため、メンタルが安定するという効果もあります。

特に怒りや悲しみなど、マイナスの感情をコントロールできるように!

例えば、急いでいる時に毎回赤信号に引っかかるとイライラしませんか?

イライラすることで、自分のエネルギーを消耗している気がしますよね。

怒ったり悲しんだりした後は、スッキリするどころかドッと疲れを感じる人も多いのではないでしょうか。

瞑想でメンタルが安定すれば、心に余裕を持って過ごせるようになそうですね。

【効果⑩】コミュニケーションの質が上がる

瞑想の効果でメンタルが安定すると、その場に合った適切な表現ができるようになり、コミュニケーションの質も上がります。

コミュニケーション力が上がれば、仕事はもちろん、家族や友達などプライベートの人間関係にも好影響です。

スキルを上げるというよりは、まず自分の心を整えることで自然と良いコミュニケーションを築けるようになるのですね。

【効果⑪】考え方がポジティブになる

嫌なことが起こっても、瞑想でものごとを客観視することで、冷静な対応が可能です。

過去の失敗を思い出してクヨクヨしたり、嫌な思い出を引きずったりしなくなるので、瞑想を続けるとポジティブ思考になれます。

前向きな気分になると、自己肯定感も上がるよ♪


瞑想の効果を一覧でご紹介しましたが、これだけ好影響があると思うとワクワクしますね。

デメリットはないのか調べてみましたが、正直見つかりませんでした。

瞑想を始めるにあたっては、お金をかけて道具を揃える必要もありません。

場所も自宅や職場など、普段の生活スペースで実践できます。

瞑想の効果が気になっているなら、とりあえず試してみましょう!

瞑想が気になるならヨガもおすすめ。まずは体験から♪

ホットヨガスタジオLAVA体験予約

瞑想の効果をいつから感じ始めるかは個人差あり!

瞑想の効果は分かったけど、いつから実感できるのかな?

瞑想の効果をいつから感じ始めるかは、個人によって異なります。

「集中力が上がった」とか「メンタルが安定した」とか、数値で測りにくい効果はハッキリと実感するのが難しいですよね。

実際、脳は急に変化する訳ではなく徐々に変化していきます。

「そう言えば、最近感情の浮き沈みがなくなったな」と、ふとした瞬間に瞑想の効果を感じるイメージです。

瞑想の効果がいつから出始めるかの目安

ハーバード大学の研究では「1日30分の瞑想を8週間続けると、脳に変化が生じ効果を感じられる」と報告あり。

1日何分の瞑想を行うかでも変わりますが、約2か月を継続の目標にすると良いですね。

リラックス効果は、数日で感じる人もたくさんいるよ。

瞑想の効果が分からない場合はやり方を見直そう!

瞑想を始めてみたものの効果が出ているのか分からないな…。

効果が出ているか分からないと、やる気にも影響してしまいますよね。

瞑想の効果を高めるポイントを紹介しますので、効果が分からないと感じる場合はぜひやり方を見直してみましょう。

それぞれのポイントについて、詳細をお伝えしますね。

【ポイント①】環境(場所)を整える

どこでも気軽に実践できるのは瞑想のメリットですが、少なくとも集中できる環境を整えることは重要です。

瞑想は、適度な温度や明るさの静かな場所で行いましょう。

こんな場所だと集中できず瞑想の効果が出にくい!

  • 周囲にたくさん人がいて話し声が聞こえる
  • 誰かに話しかけられる可能性がある
  • 暑過ぎる、もしくは寒過ぎる
  • 日差しや照明がまぶしい

瞑想中に音楽を流すなら、歌詞がないものにしようね。

【ポイント②】リラックスできる姿勢で臨む

瞑想といえば、座禅やヨガのようにあぐらをかいて行うイメージがありませんか?

ですが、あぐらがしんどい場合は椅子に座って瞑想を行っても良いのです。

瞑想は、自分が最もリラックスできる姿勢で臨みましょう。

座ってじっとし続けていると椅子の固さが気になってくることもあるので、クッションを活用するのも良いですね。

寝転んで瞑想を行う人もいるくらいなので、リラックスできるならどんな姿勢でもOKです!

【ポイント③】習慣化して生活の一部に組み込む

瞑想は継続して行うことで、効果を感じやすくなります。

筋トレと一緒だね。

とはいえ、その「継続」がなかなか難しいものですよね。

瞑想を継続して習慣化させるためのコツを2つご紹介します。

①短くても良いので瞑想の時間をつくる

毎日1時間以上を瞑想のためにつくりだす、となると忙しくて時間を取れない日も出てくるでしょう。

そしてだんだん「もういいか」という気持ちになることも…。

継続のためには無理をして時間をつくるのではなく、短時間でも良いので瞑想を実施することがポイントです。

5分でリラックス効果を得られることもあれば、たった2分、目を閉じて深呼吸を繰り返すだけで瞑想状態になることもあります。

②ルーティンをつくる

瞑想に取り組む時間や場所を決めて、日常生活の一部に組み込むと継続しやすいです。

朝起きたら洗面所に行って歯を磨く、といった感じだね。

例えばこんなルーティンがおすすめ

  • 朝、洗顔を終えたらリラックスウェアのまま瞑想を行う
  • お風呂あがり、体が温まった状態で瞑想を行う

瞑想は、どの時間帯に行うべきといった決まりはありません。

集中力アップが目的なら朝、リラックス効果を狙うなら夜の睡眠前が効果的という説あり。

朝は何かとバタバタしてしまいそうなので、私は夜のルーティンとして瞑想を取り入れようと思います!

【ポイント④】瞑想仲間をつくる

一人で取り組むよりも、ともに取り組む仲間がいた方が、瞑想も続けやすいです。

瞑想のサロンやプログラムに参加して、誰かと一緒に効果を共有しながら取り組むとやる気が上がります。

瞑想のサロンはオンラインサービスもあり!

オンライン瞑想サービスではインストラクターの指導を受けることもできますよ。

オンラインなら気軽に始められそうだな。

【ポイント⑤】自分に合った瞑想法を見つける

瞑想のやり方にはさまざまな種類があり、何と500種類以上存在すると言われています。

数ある瞑想法の中から、自分に合ったやり方を見つければ、さらに効果は高まります。

ごくごく一部ですが、代表的な瞑想法をご紹介しますね。

①マインドフルネス瞑想

過去への後悔や未来への不安にとらわれず、「今この瞬間」に心を集中させて、気づきを得る瞑想法。

ストレスや不安を和らげ、集中力を上げる効果があります。

現代人が取り入れやすい瞑想で、Googleなど多くの大企業が研修に取り入れていますよ。

②マントラ瞑想

心を落ち着かせるため、祈りの言葉を唱えながら行う瞑想。

マントラを唱えることに集中すれば、瞑想中に気が散りにくくなります。

③サマタ瞑想

呼吸やろうそくの炎、壁の模様など、何か一つのものに意識を集中させて、心を落ち着かせる瞑想法。

仏教由来の瞑想法なので、日本人も取り入れやすいです。

④食事瞑想

食事中に、食べ物をじっくり観察したり、香りを堪能したり、ゆっくり味わったりする瞑想法。

料理の美味しさを、より感じられるだけではなく、ゆっくり食べることでダイエット効果もあります。

普段必ず行う食事中に行うため、わざわざ瞑想だけの時間を設ける必要がなく、生活に取り入れやすいです。

本当にごく一部だけですが、瞑想と一口に言ってもいろんな種類があって面白いですね。

いろいろな瞑想法を試してみて効果を感じれば、その方法で続けてみましょう!

瞑想が気になるあなたにはヨガもおすすめ

ホットヨガスタジオLAVA体験予約

まとめ

  • 瞑想はさまざまな研究で科学的にも効果が証明されている。
  • 瞑想の効果一覧は「リラックス」「ストレス緩和」「集中力向上」「直感力アップ」「睡眠の質向上」「疲れにくくなる」
  • 「免疫力向上」「美容効果」「メンタルの安定」「コミュニケーションの質向上」「ポジティブ思考」の11項目。
  • 瞑想の効果をいつから感じるかは個人差があるが、目安として2か月の継続がおすすめ。
  • 瞑想の効果が分からない場合は、環境を整えたり姿勢を変えたり、とやり方を見直す。
  • 瞑想を習慣化したり、仲間をつくったり、自分に合った瞑想法を見つけることで継続しやすい。

気軽に始められそうなリフレッシュ法だなと思い、瞑想の効果一覧を調べてみると、すごい効果がたくさんありました。

瞑想にはたくさん種類があり、普段の生活に取り入れやすいものもあります。

瞑想で日頃頑張っている自分の脳や体、そして心を休ませてあげて、前向きな毎日を過ごしましょう!

美容&健康効果を狙うならこちらもおすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次