当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります。

ソイプロテインは女性へのデメリット少なめ!美容効果も期待できる♪

ソイプロテインを飲み始めたいけど、デメリットはないのか気になるな。

ソイプロテインは過剰摂取するとホルモンバランスを崩す恐れがありますが、ダイエットや美容効果があるので女性におすすめです。

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをするため!

他にも「筋肉の増強に不向き」というデメリットもありますが、女性らしい体づくりを目指すなら、むしろソイプロテインが適しています。

この記事はこんな人におすすめ
  • ソイプロテインのデメリット・メリットを知りたい
  • ソイプロテインの効果を知りたい

健康的な美しさを目指すためソイプロテインについて調べましたので、ぜひご覧ください。

プロテインといえば真っ先に思い浮かぶザバス!

楽天24 ドリンク館
¥7,442 (2024/05/19 10:40時点 | 楽天市場調べ)
目次

ソイプロテインを女性が飲むデメリット3つとは

ソイプロテインを飲み始める前に、しっかりデメリットも知っておきたいな。

そんなあなたのために、ソイプロテインのデメリットとメリットをまとめました。

デメリットメリット
過剰摂取でホルモンバランスが乱れる可能性あり
過剰摂取で内蔵に負担がかかる
筋肉の増強に不向き
ダイエット効果が期待できる
肌への美容効果が期待できる
健康を保つ栄養が豊富

ソイプロテインにはデメリットもありますが、摂取により得られるメリットや効果は女性にとって嬉しいものです。

ソイプロテインの特徴について、解説していきますね。

【デメリット①】過剰摂取でホルモンバランスが乱れる

ソイプロテインを摂り過ぎると、ホルモンバランスが乱れる可能性があります。

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

女性ホルモン過多の状態になると、肌が荒れたり、生理周期が乱れたりする恐れも!

女性ホルモンは大切だけど、多過ぎても良くないんだね。

ソイプロテインを豆乳で割る飲み方もありますが、豆乳にも大豆イソフラボンは含まれるため、摂取量に気をつけましょう。

厚生労働省による大豆イソフラボンの安全な摂取目安量は、下記の通りです。

閉経前女性

64mg/日

閉経後女性

74mg/日

摂取目安を守れば、大豆イソフラボンは女性の強い味方ですよ。

【デメリット②】過剰摂取で内蔵に負担がかかる

2つめも過剰に摂取した場合のデメリットです。

ソイプロテインを摂り過ぎた場合、体内でたんぱく質を消化する処理が追い付かず、内蔵に負担がかかる恐れがあります。

どんな臓器に影響があるの?

腎臓

余分なたんぱく質を排泄するために負担が増える

大腸

消化されないたんぱく質が悪玉菌のエサになり、腸内環境が悪化

腸内環境が悪化すると便秘にも繋がるので、注意が必要ですね。

そもそも、消費できなかったソイプロテインは余分なカロリーとして、脂肪になる危険性もあります。

プロテインに限った話じゃないけど、適量が肝心!

【デメリット③】筋肉の増強には向いていない

ソイプロテインは、ゆるやかな速度で体内に吸収されるため、筋肉の増強には向いていません。

筋肉増強が目的で、運動後にたんぱく質を補給するなら、動物性のホエイプロテインが最適!

主なプロテインには3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

スクロールできます
種類原料目的吸収速度
ソイプロテイン大豆美容
ダイエット
健康維持
ゆるやか
ホエイプロテイン牛乳筋肉増強速い
カゼインプロテイン牛乳筋肉増強ゆるやか

ソイプロテインは、大豆から抽出したたんぱく質でつくられた植物由来の栄養補助食品です。

プロテインによって目的が違うんだね。


ソイプロテインのデメリットについてお伝えしましたが、摂り過ぎなければデメリットはほぼ無いですよね。

反対にメリットも知っておきたいな。

ソイプロテインの主なメリットは「ダイエット効果」「美容効果」「健康維持効果」があることです。

女性にとって嬉しいソイプロテインの効果、それぞれについて解説します!

国産大豆にこだわったソイプロテイン「私の完全美容食」。1回限りのお試しもOK!

ソイプロテインがダイエットに適している理由3つ

食べることが大好きだけど体型も維持したいから、ダイエット情報は気になる!

ソイプロテインはダイエットにも適しており、しかも健康的な痩せ方ができると言われています。

それぞれ解説しますので、ダイエット目的でソイプロテインの摂取を考えている方は、ぜひチェックしてくださいね。

①たんぱく質の働きでヘルシーボディを目指せる

ソイプロテインは脂質やカロリーが低く、コレステロールも含んでいませんが、体に必要なたんぱく質はしっかり摂取できます。

大豆のたんぱく質は、脂質の代謝にも力を発揮するので、脂肪燃焼にも効果アリです。

食事を減らすダイエットではたんぱく質が不足し、結果、筋肉が減り不健康な痩せ方をしたり、代謝が落ちたりしがちです。

他にもたんぱく質が不足すると、さまざまな悪影響があります。

  • 肌が乾燥してハリがなくなる
  • 髪がパサつく
  • 免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる

肌の乾燥や髪のパサつきは、女性なら何としても防ぎたいですよね。

ただ細いだけではなく、女性らしいヘルシーボディを目指すならソイプロテインがおすすめです!

②食物繊維が腸内環境を改善する

大豆には食物繊維が豊富に含まれているため、ソイプロテインを摂ることで腸内環境の改善が期待できます。

腸内環境が悪化すると、さまざまな影響がありますが、特に女性に多いのが便秘です。

私も水分や野菜が不足すると便秘がちになります…。

便秘はダイエットの大敵なだけでなく、肌荒れの原因にもなるので良いことなし!

腸内環境が改善されると老廃物が体内に溜まりにくくなり、さらに代謝も上がるので、痩せやすい体に近付きますよ。

腸内環境の改善には腸活ココアも◎!

③腹持ちが良い

ソイプロテインは空腹感を紛らわすだけでなく、腹持ちも良いです。

ソイプロテインは消化や吸収に時間がかかるため、その分満腹感が持続!

そのため、ソイプロテインで置き換えダイエットに励む方も多いです。

ただ、置き換えダイエットは効果が出やすいものの、リバウンドもしやすいです。

いきなり摂取カロリーが大幅に減ると、生理不順やストレスによるイライラが起こることもあります。

ソイプロテインで置き換えダイエットをするなら、1日のうち1食のみ、もしくは間食を置き換えるところから始めましょう。

プロテインは、あくまで栄養補助食品だからね。

ソイプロテインは女性に嬉しい美容効果もあり!

ソイプロテインを摂取すると、大豆イソフラボンによるアンチエイジング効果が期待できるので、女性におすすめです。

美容効果はやっぱり気になる~。

期待できる美容効果について、確認していきましょう。

①肌にハリやツヤが出る

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンには抗酸化作用があるので、肌の老化を遅らせてくれます。

大豆イソフラボンには、コラーゲンを生成する女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあるのです。

肌にハリがないと、化粧ノリもいまいちで、気分も上がりませんよね。

大豆イソフラボンは肌のターンオーバーを促すので、美容に効果あり!

女性にとってお肌のハリは、気分のハリにも直結します♪

②更年期症状を改善できる

大豆イソフラボンが、エストロゲンと似た働きをしてくれる影響は他にもあります。

ソイプロテインを摂取することで、女性ホルモンの不足を補えるため、更年期症状の改善も期待できるのです。

エストロゲンは加齢とともに分泌量が減っていき、閉経を迎えると急激に低下!

また、閉経前でも排卵状況や体調によって、分泌量が変化することも。

私の母親は、更年期に頭痛やめまいでかなりしんどそうでした。

更年期症状ってこんなに辛いんだ…と感じました。

エストロゲンの減少は仕方ないので、ソイプロテインで補おうと思います!

大豆が原料のソイプロテインならではの効果だね。

ソイプロテインには健康効果も♪大豆の栄養は優秀!

大豆からつくられているソイプロテインには、美容効果だけでなく健康効果もあります。

そもそも「プロテイン」とは日本語で「たんぱく質」のこと。

大豆には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

大豆は「畑の肉」って言われてるもんね!

ソイプロテインの健康効果には、例えばこんなものがありますよ。

コレステロール値を正常な値に近付ける

大豆のたんぱく質にはコレステロール値を下げる働きがあるため、生活習慣病の予防に有効。

骨の丈夫さを保つ

大豆イソフラボンは骨づくりをサポートするので、摂取すると骨粗しょう症の予防効果あり。

日本にはしょう油、お豆腐、納豆、など大豆が原料の食品がたくさんあります。

食品から栄養素を摂るのが理想ではありますが、忙しいとなかなか難しいですよね。

効率良く大豆たんぱく質を摂るために、ソイプロテインを上手く活用しましょう♪

プロテインといえば「ザバス」。
継続に大切な飲みやすさもバッチリ!

楽天24 ドリンク館
¥7,442 (2024/05/19 10:40時点 | 楽天市場調べ)

『ラクプロ』では「ダイエットセット」「美容セット」など、ソイプロテインを含む目的別セットあり。

ソイプロテインのブルーベリーチーズケーキ味が、美味しそうで気になります。

>>プロテインブランド「ラクプロ」

まとめ

  • ソイプロテインを過剰に摂取した時のデメリットは「ホルモンバランスが乱れる可能性がある」「内臓に負担がかかる」。
  • ソイプロテインは体内への吸収速度がゆるやかなため、筋肉増強にはあまり向いていない。
  • ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする。
  • ソイプロテインのメリットとなる効果は「ダイエット効果」「美容効果」「健康効果」。
  • ソイプロテインは大豆由来の良質なたんぱく質を含んでおり、女性らしい体づくり向き。
  • 大豆イソフラボンには、肌にハリを出したり更年期症状を改善したり、といった効果がある。
  • ソイプロテインを摂ることで、コレステロール値の改善や骨を丈夫に保つ効果にも期待できる。

私は普段カフェで豆乳オレや豆乳ラテを注文することが多いのですが、大豆の作用を調べるうちにソイプロテインも気になりました。

ソイプロテインは大豆由来のたんぱく質でデメリットも少なく、女性向きの栄養補助食品だな、と感じます。

プロテインというと筋トレに励む人が飲むイメージだったのですが、美容やダイエット目的のプロテインもあるんですね!

年齢を重ねても健康的な美しさを追求できるよう、上手く活用したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次